選べる2つの駐車場

徹底比較

オレンジBOXバイク駐車場には「シェルタータイプ/屋外プラン」、「シェルタータイプ/屋内プラン」、
「スマートガレージタイプ/Mサイズ」、「スマートガレージタイプ/Lサイズ」、4タイプの駐車場がございます。
お客様のご予算、バイクの大きさ、使い方に合わせてお選びいただけます。

こんな方におすすめ!

シェルター スマートガレージ
屋外プラン 屋内プラン Mサイズ Lサイズ
形状 シェルタータイプ
屋外プラン シェルタータイプ
屋内プラン スマートガレージタイプ Mサイズ スマートガレージタイプ Lサイズ 「ゴールドウイング」
級もラクラク駐車!
こんな方に
オススメ

できるだけ月額料金を抑えたい

上に屋根がある方が何かと安心

メンテナンス工具を置く棚がほしい

リアケースをつけたまま駐車したい

Mサイズよりも一回り大きな駐車場を探している

月額料金 15,120円 17,280円 19,440円 20,520円
※オレンジBOXの金額は全て消費税込み!
※どのプランにもプラス2,160円でお車駐車場が付けられます。 → 詳しくはこちら

特徴

シェルター スマートガレージ
外観デザイン シェルタータイプ スマートガレージタイプ
工具の保管 地面(バイクの横)に置くことができます。 ガレージの奥に専用の棚が付いています。
サイズ 外寸(mm):(W)1,400×(H)1,720×(D)2,700
内寸(mm):(W)1,290×(H)1,630×(D)2,570※内寸はタイヤ止めバリカーから入庫口まで 外寸(mm):(W)1,370×(H)2,070×(D)2,630
内寸(mm):(W)1,260×(H)1,790×(D)2,520
奥行き(D)が充分あるので、大型車も駐車可能です。また横幅(W)も広いため、リアケースなどを駐車したバイクの横に置くこともできます。 高さ(H)がある四角いBOXですので、リアケースのついたバイクもそのまま駐車できます。
またLサイズなら「ゴールドウイング」クラスのバイクも収納可能です。
セキュリティー
  • ゲートバー
  • シャッターキー
  • 南京錠×2
  • 個別警備
  • ワイヤーロック
  • ゲートバー
  • シャッターキー
  • スロープ
  • 個別警備
  • 南京錠×3
各駐車ボックスの特徴が分かりやすく
「BSフジ」で紹介されました。
入るだろうか? どちらのタイプが自分に合うのか?
お悩みでしたら、まずはお気軽にご連絡ください。
お電話やお問い合わせフォームで、車種や排気量など、大体のバイクのサイズが分かる情報をお伝えいただければ、スタッフが収納可能かどうかをお調べいたします。
またご契約中のお客様で「シェルターからスマートガレージ」「屋根なしから屋根あり」など、移動をご希望の方がいらっしゃいましたらお気軽にお申し付けください。

スマートガレージ誕生秘話

お客様の声に耳を傾け、その声に正面から向き合う。

2011年8月、日頃お使いいただいております皆様のお声にお応えして、「オレンジBOX狩場」に洗車&メンテナンススペースを新設しました。新設以来多くのお客様にご利用いただき好評いただいております。またそれと同時に「もっとたくさん工具やパーツをバイクと一緒に保管しておきたい」と言うお声をいただくようになりました。

そこで私は様々なタイプの「工具やパーツをバイクと一緒に保管できる駐車ボックス」の導入シミュレーションを繰り返しました。そして辿り着いたのが今回導入した『スマートガレージ』でした。
初期投資を考えると正直萎縮する部分もありましたが、導入された『スマートガレージ』を見て「導入は間違いなかった!」と確信しております。

もし他にも何かお気づきの点やご指摘などがありましたら、何なりとおっしゃってください。これからもお客様の声に耳を傾け、さらなるサービス向上を心掛けていきたいと考えております。